体内で作れない必須アミノ酸はサプリメントで補おう

プロテインとサプリの違い

男性

いろいろな味が楽しめる

アミノ酸を食事以外の方法により摂取するには、プロテインまたはアミノ酸サプリを利用します。プロテインの成分のほとんどはタンパク質です。タンパク質は消化器官内で消化され、アミノ酸に分解されることになります。牛肉や鶏肉などの動物性タンパク質を主原料としたプロテインと、大豆などの植物性タンパク質を主原料としたプロテインがあり、国内では植物性タンパク質を主原料としたプロテインが人気です。価格が安く、スポーツ店やドラッグストア、スーパーなどで販売されているお店が多いため、お手軽に購入できるというメリットがあります。プロテインは粉末状になっており、通常はシェーカーにプロテインを入れて、水または牛乳で溶かしてから摂取します。チョコレート味やバナナ味、ヨーグルト味などさまざまな味のプロテインがあるので、いくつか試してみてから好みのものを選ぶとよいでしょう。どの味付けでも、アミノ酸の含有量はほとんどは同じなので安心です。プロテインは、体内で吸収した後でアミノ酸に分解されるのに対して、アミノ酸サプリはそのままアミノ酸として摂取できるのが特徴です。消化吸収する手間がかからないため、服用してすぐにアミノ酸を補給できます。現在、市場には国産のものとアメリカなどから輸入された外国メーカーのアミノ酸サプリが出回っています。輸入品は1kg入や2kg入といった大容量の製品が多く、値段も安いのが特徴です。一方、国産品は日本人向けに飲みやすい味付けに工夫されているので、アミノ酸サプリを飲みなれていない人に向いています。サプリの効果を高めるには、スポーツをした後など筋肉にダメージを受けてからなるべく早く服用することが重要です。